未経験OKの薬剤師バイト - おすすめの職場は?

薬剤師の資格を取得したばかりで未経験のかたが転職をする場合、同じような業界からの転職であれば簡単であると言えます。しかし前職の職種が医療に関係ないところだと少し難しいかもしれません。特に昨今では薬剤師の数は増え、飽和状態に近いと言えます。その中で雇う側も即戦力を求めているのです。

しかし薬局だけでなく、ドラッグストアの数が増えていることから採用に関してはまだ望みがあります。24時間営業をしているドラグストアも誕生しているようです。

第一次類医薬品を販売することができる薬剤師の存在は、特にこのような場所で需要があります。もし薬剤師がドラッグストアに常駐していれば、ドラッグストアの質も向上しますし、なにより取り扱う薬品の数が変わってきます。

さてドラッグストアでの勤務は、接客業も業務の一部として入ってきます。これは前職が一般企業だった場合はプラスに働きます。ドラッグストアでのお客さんは、医師からの処方箋を持っている方が少なく、自分で症状に合った薬を選ばなくてはなりません。その手助けをするのが、薬剤師です。

前職が一般職だった場合、特に接客業を行っていた場合は、無意識のうちにお客さんが安心できるように説明をするでしょう。

例えば風邪薬ひとつにしても、子供でも飲むことができるのか。副作用は有るのか。また成分表だけでは判断できない薬剤についての知識や、新しく入ったお勧めの商品など、無意識のうちにコミュニケーション能力が役に立っているのです。

お客さんは商品を選ぶ際、薬剤師のアドバイスを受けることができますし、その安心感と薬剤師アルバイトへの信頼は次回の来店の際の基準になります。むしろ一般企業からドラッグストアへの転職の方が、結果としては良い方向へ動く可能性があります。

地方ではまだ薬剤師の絶対数が不足していますので、未経験だとしても飛び込んでみるチャンスはあります。何ごとも初めての経験からスタートです。需要のあるドラッグストアや地方での転職から始め、薬剤師としての経験を積むことから始めましょう。

薬剤師が製薬会社へ転職する場合

製薬会社に勤務する薬剤師は、同じ薬剤師の中でも華やかな立場だと言えます。それは新薬開発に携わり、それが世の中に出回ることもそうですが、患者さんがその薬剤を使用し、病状などが改善していくという達成感などが味わえるのです。年収の方も、薬剤師の中では多い方で1000万代の方もいらっしゃいます。

同時に、このような高い年収ですので、応募が多数あり、倍率も高いと言えます。しかし製薬会社に就職しても、必ずしも希望する研究職に配属されるとは限りません。薬剤師の資格は、営業や医薬情報などにも活かすことができるからです。そして多くの方が、そちらに配属されるようです。

医薬情報担当をMRと言います。MRは自社の薬剤を、医師など薬を扱う方に対し、医学的な知識や薬学的な知識から効能効果を伝える役割があります。

またMRは、他社の似たような薬剤との違いも把握して説明できるようにしておかなければなりません。効果の持続時間や、効きはじめなどが違っている場合があり、医師などは患者さんの状態を見ながら処方していきます。

MRとは自社の薬剤だけではなく、他社の薬剤の情報も網羅するという、常に学ぶ努力をしなければならない職種です。また、処方した患者さんから得られたデーターなどを研究に活かすため、会社に伝えることも担っています。

薬剤師が研究職に転職できる可能性はきわめて低いですが、あらかじめ新薬の研究などに関連したところで勤務していれば可能性は大きくなります。そのような知識や経験は新薬開発において必要なのです。

研究職ではない場合でも、薬剤師の資格や知識、経験を営業で活かしてみてはいかがでしょうか。営業活動には、交渉能力やコミュニケーション能力が必要になってきます。気恥ずかしさがあり、内向的な方は苦労する部署ですが、経験を積んでいけばそれも改善するはずです。

慣れてきた頃には、年収に見合った働き方ができるでしょう。製薬会社において、薬剤師の活躍場所は研究や開発部門に留まりません。何ごとにも慣れですので、ぜひトライしてみましょう。

転勤のリスクを回避したい薬剤師にオススメの職場

薬剤師は他の職種と比べて転勤が少ないと言われていますが、可能性はゼロではありません。 営業所と支店を多く有する大企業の場合、転勤の辞令が下ることも珍しくないのです。

転勤を避けたいと思っている人がいるのは、家庭の事情や転居などの様々な理由が絡んでくるからでしょう。

家のローンを組んでいる人もいるでしょうし、家の事情によっては単身赴任を余儀なくされるので、できれば転勤したくないと考えている薬剤師もいます。

転居が必要な転職をできれば回避したいと考えているのなら、個人商店や病院などへの転職がおすすめです。 系列病院が複数ある法人病院も、転職がほぼないと言っていいでしょう。

転勤の辞令があったけど、どうしても今の住まいを離れたくない場合、転職すれば転勤せずに済みます。 家のローンを組んでいるからといって、転勤の辞令を避けられるわけではありません。

逆に転職が多い職場はどこなのかというと、製薬会社です。 特に規模が大きい会社の営業職だと、一気に転勤のリスクが上昇します。

全国展開しているドラッグストア等も転勤する確率が高く、店舗数が多い会社ほど転勤を言い渡される可能性があります。 地域密着型の薬局は転勤はありませんし、転勤がない職場は沢山あるので、転職するなら待遇面にこだわりたいところです。

しかし、転勤のない高待遇の職場は離職率が低いので、そう簡単に希望の条件を満たす求人に巡り会えるとは限りません。 条件のいい転職を成功させる為にも、薬剤師専門の転職支援サイトを活用したほうがいいでしょう。

転職求人情報は、ハローワークや折り込みの情報から入手できますが、絶対に薬剤師の求人情報があるわけではなく、効率がいいとは言えません。

転職支援サイトは自分が希望する条件を細かく指定して求人を絞り込むことができ、転勤の有無や勤務形態等も指定可能です。 また、非公開求人も持っているので、一般的な求人媒体よりも待遇のいい求人情報を入手できます。

このページの先頭へ