薬剤師の転職回数について

どんな仕事でも言えることですが、転職回数が増えすぎてしまうとデメリットが大きくなってしまいます。 今の職場が合わないと感じる理由は、人それぞれですよね。

特に多いのが人間関係の問題ですが、それ以外にも前向きなスキルアップのための転職を考える人も少なくありません。薬剤師という仕事は、医療系の資格の中でも転職しやすい資格だと言えるでしょう。

そういったこともあり、多くの薬剤師は転職を経験しているようです。それも1度ではなく、2度、3度転職の経験があるという人が多いのです。しかし、何度も転職をしているということは、採用をする企業側からするとかなりのマイナスになってしまいます。

というのも、各企業はできるだけ自分の企業で長く働いてくれる人材を求めて求人を出すわけなので、そこに何度も転職をしている人が応募をしてきたとしても、「採用してもすぐに辞めるのではないか?」と思われてしまうからです。

女性の場合、旦那さんが仕事の関係で転勤を繰り返しているという場合は、仕方がない転職だと言えるのでそれほどデメリットになることはありません。

一般的に、3回以上転職をしていると企業側も慎重になるようです。転職回数が多くなってしまっている人は、転職に対するスタンスをしっかり決めておかなければなりません。例えば、自分は新しい職場でこのようなことを頑張ろうと思っている。

こんな目標を持っているということをしっかりアピールできるように面接対策を取っておきましょう。もちろん、転職回数が増えてしまったら絶対に転職をすることができないというわけではないのですが、転職回数が少ない人に比べると悪い評価がされやすいということを理解しておきましょう。

ある程度条件などで妥協をしなければならない部分も出てくるかもしれません。もし転職を考えている場合は、本当に転職をしなければならないのか考えることも重要です。少し気に入らないことがあったからといってすぐに転職をすると、転職回数がどんどん増えてしまいます。

このページの先頭へ